読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミリオン3rd大阪公演一日目感想~『恋心マスカレード』に酔いしれて~

ライブ感想

 

 前日からテンションが高い。どうもサイトロです。
 本日は3/12-13に開催された『THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!』、大阪公演について、色々と書いていく次第です。こちらは一日目です。日曜日にTwitterで色々と書き散らかしたので書けるか不安でしたが、いざ始めてみれば杞憂に終わったのでした。
 早速ライブの感想ですが、記憶力に自信が無い為実際の状況とは異なる場合があります。予めご了承ください。また、セットリストはファミ通さんのリポートより。

www.famitsu.com

 

 

01. Dreaming! THE IDOLM@STER MILLIONSTARS
 これまでのセトリを見て予想はしていましたが、やはりセンターにゆい㌧とゆきよさんが居るのを見た時、改めて大阪公演始まったんだなぁと思いました。ダッシュで映画館に向かって、到着が五分前だったので、もしもこれが『Thank You!』や『Welcome!!』だった場合、一曲目で死に絶えた可能性がありました。『Dreaming!』はコール少なめですが、けれど幕開けに相応しい一曲ですね。
 ライブの幕開けに『今が私たちの夢だから』と力強く歌うこと。過去があって今があり、そして未来に続くのですが、それでも今、この瞬間が一番大事なのであって、この歌が改めて私をこの大阪公演へと連れて行ってくれました。
MC1
 思い出したことを箇条書きしていきます。
・山崎さんはトークがお上手
・愛美さんのカメラ目線は兵器の類
高坂海美を演じる上田麗奈様とおしゃべりをするれなしゃまは別人(かわいいのでよい)
・キャラ挨拶でキャラ同士の絡みがあったりイベント言及していて良い!
 MCについては正直コントが全部さらっていった感があるのであんまり覚えてないですね……。
02. エスケープ 愛美/藤井ゆきよ
 こちらもコールが適量で、更に言うべき所が分かっていてとても安心して見ていられました。デュエット曲というのは二人という人数で最適のステージを作れるんだなーと見つつ考えていました。Aメロで歌を受け渡ししつつ踊っているのがとても可愛かったですね。
03. 恋愛ロードランナー 上田麗奈
 本当に普段のトークとステージのギャップがすさまじくて、海美の曲を歌っている度にドキドキしますね。格好良さがそのまま歌になってぶつかってきてくれました。
04. スマイルいちばん 大関英里
 ミリオン1st以来の披露。あの頃を遥かに超える堂々とした、そして楽しげなステージでした。
 変わった、と述べるだけならば容易で、あの舞台に立つ演者の方々の気持ちというのは、どれだけ推し量っても分かり切らない(=体験することが出来ない)と、私は思います。だからどうこうという話でもないのですが、時々、そんなことを思っては、滞りなく公演が終わるということは、演者さんの尽力によって成り立っているのだと気付かされます。勿論、それを支えるスタッフの方々が居てこそですが。
05. Happy Darling 夏川椎菜
 この曲を聴く度、ミリオン1stでの精一杯のステージを思い出します。今では何の心配もなく、ただただあの可愛さを最大限に味わうことが出来て、とても幸せです。サビ前の煽りが好きです。
06. Sentimental Venus 山崎はるか/Machico/野村香菜子/愛美
 LVの辛い所の一つなのですが、複数人のステージだとどうしてもカメラの切り替わりが多くて、見ていて目が回りそうになりますね……。後、ソロ曲はライブを重ねると振り付けの変化に気づくのですが、こういった全体曲も変わってる時あるんですかね?
 野村さんの初ステージでしたが、なるほどこの曲は千鶴さんの声がちゃんとマッチするなぁと関心していました。この後、魂を持って行かれるとは知らずに……。
MC2
 トークなのに2、3人の組が出来てそれぞれ自由な会話していてひたすらにとっちらかっていた印象。まぁこれはこれで。
07. PRETTY DREAMER 渡部優衣山口立花子夏川椎菜上田麗奈
 山崎さんここ参加しないのは意外というか、CDメンバを敢えて入れないというのはライブ重ねたからこそ出来るんだなーと思いつつ。
08. 未来飛行 山崎はるか
 今回リーダーの重責を預けることが出来たからか、最初のあいさつでもMCでもわちゃわちゃしていた印象があった山崎さん。しかしいざソロのステージとなった途端に、その実力が露わになりました。前から受け取り、次に繋ぐための一曲としての『未来飛行』には、2ndのラストで披露した時とはまた違う魅力がありました。
 ミリオン2ndで見た時には、山崎さん(≒春日未来)の到達点が垣間見える曲でした。全てを背負って立ち、空へと指を伸ばすその姿に、こちらも胸が熱くなりました。ここでの『未来』とは、『アイドルマスターミリオンライブ!』そのものを差していたと思います。
 けれど今回のステージでは、未来らしい可愛らしさや若さ、元気の良さというものが出ているように思いました。ステージの使い方やバックダンサーさんが居たことで、そういった面が出ていた気がします。ここでの『未来』とは、春日未来が抱く純粋な気持ち、期待や理想だったと、個人的に思いました。
 この辺りでようやく気づいたのですが、今回のバックダンサーさんのアシスト、ステージの雰囲気を補っていることに気づきましたね……。もっと注目して見ていたかった……。
09. 君想いBirthday 駒形友梨
「なぁんだCD音源じゃないか」と、勿論いい意味で関心していました。踊りながらもCDと遜色ない、寧ろそれ以上の歌声を披露するって並大抵のことじゃないですよね……。
 アウトロでハートを作るところが可愛い!!!!!!
10. 成長Chu→LOVER!! 夏川椎菜/山崎はるか
 隣の友人にうっかり「今日みっく(伊藤美来)出るよ」と間違えて言ってしまったので、このイントロ流れた時に出るかと勘違いしました。振り付けが終始可愛らしくて、甘い一曲でした。
11. 夜に輝く星座のように 渡部優衣上田麗奈
 日曜日に組み合わせが揃う曲なので、まさか初日に来るとは思っていませんでした。しかしこの新たな組み合わせ、本当に良かった……。奈緒と海美の属性がDaであることが強調されているかのような、カッコイイ振り付けが多いステージでした。
 余談ですが、アウトロで麗奈様が踊ったダンス(右手の動きが星座を象っていたような?)が格好良すぎて、卒倒するかと思いました。脳に何か別の、陶酔する物質が入り込む感覚。これを味わう為にライブに来ていると言っても過言ではありません。
12. トキメキの音符になって 麻倉もも
 この曲に限った話では無いんですが、もちょこと麻倉さん、目線や表情がとても細かに出来る方だなぁと思います。可愛さ満点のこの曲と『Blue Symphony』を披露しても違和感が無いこと、結構凄いですよね。
13. アフタースクールパーリータイム 藤井ゆきよ
 前半のトリに相応しい、楽しさに満ちたステージでした。ちょっと感極まっても笑みを絶やさないゆきよさんが、本当にステキでした。
 二番のサビ、ファミレスという空間をバックダンサーさんと一緒に再現したこと、最高でした。最高。所恵美というキャラクタが、ゆきよさんのステージとして見事に落とし込んでいて、最高でした。何度でも言います。
MC3
 流石に全員集合するとトークもまとまっている……なんて思っていたら、突然始まる『ミリオン興業 演芸劇場』。な、何かヤバいものが始まろうとしているという恐怖……以下、それぞれのコントについて。
・愛美/大関英里/麻倉もも
 視線一つでプロデューサーのみならず共演者も虜にする愛美さんが、『バターの麺』一つでひたすらにボケたのを見た時、『な、"何"だこれ……俺はただ、ライブを見に来ただけなのに……』とか思いながらゲラゲラ笑ってました。翌々思うとメンバ全員ボケという無法地帯ですね……。
田所あずさMachico上田麗奈
 田所さんがかわいい、という内容でしたね! あの方、この後に本当に素晴らしいステージを披露するからずるい……。
夏川椎菜/山崎はるか/山口立花子
 なんぴょんちーくわっ(肩を揺らしながら)。
・野村香菜子/角元明日香駒形友梨
 真面目な駒形さんに真面目なツッコミをさせる時点でだいぶ強かったですね。角元さんのキャラクタをあまり把握してなかったのですが、これ一つで概ね分かりました。個人的に一番好きなネタでした。
渡部優衣/藤井ゆきよ
 ゆい㌧の喋りが余りにも自然すぎて、この後の公演で喋る度漫談ショーを見に来た気分でした……。ゆきよさんはもちょが居るだけでボケになりますな。
 アイドルのライブを見に来た筈なのに、違う種類のお笑い五本見せられたのはひたすらに謎だったんですが、面白かったんでとにかくよし。
14. おとなのはじまり 夏川椎菜麻倉もも/山崎はるか
 まぁなんともかわいらしい一曲。桃子や育ちゃんよりも先にこのメンバで披露というのが良いですね。
15. 自転車 田所あずさ/愛美/角元明日香
 SSAや9thで平田さんの『自転車』を見ていましたが、この振り付けは初めてのものだったんでしょうか? ともあれ三人で一つの自転車に乗っているのは可愛かったです。その後サビをきっちり締める辺りがまた良かったです。
16. MEGARE! 大関英里/藤井ゆきよ/上田麗奈
 Aメロでほぼほぼがに股を披露しつつもBメロで一気に格好良くなるゆきよさんのギャップに見とれていました。
17. 風花 Machico駒形友梨
 おうたが うまい!!!!!!!!!
 この後からこの大阪公演におけるMachicoさんが担った役割の凄さに気付くのですが、この時はただただ耳に流れる旋律に酔っていました……。
18. またね 山口立花子渡部優衣/野村香菜子
『またね』で描かれるストーリーが元々好きなので、莉緒姉、奈緒、千鶴さんとそれぞれがそのPVに出たらどんな風になるのかぼんやり考えました。
MC4
 MC2だけが自由すぎて、後は時間の都合か結構足早だった印象。
19. Smiling Crescent 麻倉もも角元明日香
 2番の『王子様どうか そっと手を取り~』の所で角元さん(翌日の小笠原さん)が、振り付けで見事に王子様の姿を舞台に起こしていた所が素敵でした。後、ラストに麻倉さんと手を取って歌う辺りも良かったですね……可愛かった……。
20. たしかな足跡 山口立花子Machico
 あずささん(=たかはし智秋さん)が歌う所を、翼(=Machicoさん)が代わるという所に、ドラマを感じます。翼を演じるMachicoさんもキャラクタイメージに近しい明るく元気な歌が似合うと思っていますが、しかしこの大阪公演では『風花』と『たしかな足音』を見事に歌っていて、今後もこういったコトがあるのだと思うと、ライブが益々楽しみです。既に『アイル』という三曲目を貰っている翼ですが、もしかしたら四曲目はバラードという可能性もあるのかもしれません。
21. ドリームトラベラー 大関英里/角元明日香/藤井ゆきよ
 ハチャメチャ、ぎゅぎゅっと詰め込もうな……!!!!
 サビの『限界もスランプもビュビュンと飛び越えちゃって』という歌詞を聴く度に泣きそうになるのですが、この初日公演はただただ楽しい気持ちで聴けました。今、この歌詞を書いただけで泣いてるんですけどね。
22. Blue Symphony 麻倉もも駒形友梨田所あずさ
 三段のステージに三人が縦に並んで歌っている時が凄く良かったです。こういった会場に合ったステージ作り、特徴を活かしたフォーメーションというのは、見所の一つだと思います。
23. 想いはCarnaval 角元明日香
 ライトが雰囲気を盛り上げていて、その中で蕩々と歌い上げる角元さんが素敵でした。エレナちゃんの元気の良さよりは、歌に込められた密やかな情熱を感じる一曲でした。
24. 恋心マスカレード 野村香菜子
 大阪公演で一曲選ぶなら、これです。
 MC4辺りからUOを準備していました。あのイントロが流れた瞬間に輝かせようと思っていたのです。しかし実際、聞こえてきたのは高らかな『行きますわよ!』の声。何とかイントロでUOを折ったのですが、その後はただただUOが落ちないように手に力を入れながら、ステージを凝視するのに必死でした。このステージを見逃したくない、忘れたくない。その一心で野村さんが歌い踊る様を見ていました。
『恋心マスカレード』では、自分の気持ちに素直になれない女性の気持ちを仮面舞踏会という、素顔を隠した舞台と共に描いています。それは二階堂千鶴という人が自らの本当を隠してセレブを名乗り、アイドルとして生きていることと重なります。彼女が歌い上げる相手への思い、強引に導いてほしい、仮面の中を知ってほしいという思い。そういった物語だけでなく、メロディとして、歌として大好きでした。
 野村香菜子さんがそれをダンスと共に演じきることで、どんな起こるか。ライブ前の私は余りにも考えていませんでした。『わほーい楽しみだー』くらいの気持ちでした。というかライブ一時間前は移動のスケジュールがギリギリで、間に合いさえすれば何でも良かったのです。
 野村さんは、『恋心マスカレード』を終始笑顔で歌っていました。それは、野村さん自身がこのステージを楽しんでいるということでもあり、歌の世界観、本音を隠している女性を演じているようにも見えました。それがどちらであれ、自分はただただ、その笑顔に、仮面舞踏会に、酔いしれていました。歌詞の『覚えたてのダンスで』なんて言葉が意味を失う程の、堂々とした、見事なステージでした。ありがとうございます。
 少々、ライブから逸脱した話を。
 大阪公演初日を終えてから、二階堂千鶴というアイドルが気になって仕方がありません。野村香菜子さんが見せてくれたステージに対して、自分なりにお返しをしたい気持ちで一杯です。それはこうして感想を書く、Twitterでつぶやくことであり、そして、二階堂千鶴というアイドルを知る、好きになることだと思います。
 小説という形でアイドルを描いてきた身として、この気持ちに応えていきます。未熟ながら、自分なりの形で、お返ししていきます。何時か、千鶴さんに『恋心マスカレード』を贈ります。
25. Be My Boy 山口立花子
『Why?』を初日に持ってくると思っていたのでこれは意外でした。莉緒姉の属性はDaですが、この曲は結構Vo寄りだと思っています。そういった、属性とは違うけれど合うことも合っていいですね。そう思った翌日、『Why?』ではDa属性らしさが出ていたので尚のこと良かったと思った次第です。
MC5
 ゆい㌧の紹介で出てきた愛美さん、完全にギター侍始めるかと思いました。勿論、一人になっての『プラリネ』の一言で、そんな馬鹿げた思いは雲散霧消したのですが。
26. プラリネ 愛美
 ミリオン2ndの時は必死に歌っている印象があったのですが、今回のステージでは終始笑顔を見ることが出来ました。最後のメロディの時、LV会場なので音が届く訳ではないんですが自分の体から音を消したくて、愛美さんの鳴らす音だけが聴きたくて、全身を硬直させてました。最後の『ありがとう』が素敵。
27. Persona Voice 野村香菜子/田所あずさ
『恋心マスカレード』に次ぐ、というか匹敵する一曲。以下、昂ぶりすぎていた為実際のライブと違う可能性があります。
 サビで、ハモってたんですよ。確か、野村さんが下で、田所さんが上。ハモってたんです、きっと。声が二つ重なって、響いてたんです。アイマスのライブで生のハモりは、一度聴いてみたかったんです。それがこの曲で、『恋心マスカレード』で最高のステージを披露してくれた野村さんが見せてくれたこと。田所さんの高らかな主旋律に見事重ねていること。最高以上の言葉が知りたいです。
 余談ですが、翌日のライブ終わりの道すがら、『恋の音色ライン』を聴いていたら、頭の中で野村香菜子さんがステージを披露していました。何時か、また、きっと、いや絶対、見に行きたいです。
28. Believe my change! Machico
 最初のサビ前、手だけ映してから直ぐに右にカメラが動いて『走れ!』とMachicoさんが歌っていて、映像だからこその格好良さに感動しました。『風花』や『たしかな足音』で見せていた雰囲気とはまた違った、格好いいステージでした。
29. Precious Grain 田所あずさ
 1stでは皆の声援に応えるような、精一杯の力を込めたステージ。
 2ndでは万全の状態で披露した、『未来飛行』に繋ぐステージ。
 そして3rd。これまでの公演を超える、熱演でした。
 田所あずささんが、最上静香になろうとしているように、見えました。限られた時間の中で、アイドルという夢を果たすべく必死に努力をする少女、最上静香が、舞台に居るように思えました。その苛烈さに、恐怖を感じてしまう程でした。
 この目は田所あずささんを見ているのに、最上静香の姿が重なるということ。その演技力、見せているものの凄さ。演じるということの力を、改めて知りました。
30. Melody in scape 大関英里/駒形友梨
『恋心マスカレード』から続いた興奮が、イントロで何とか収まりました。正直このまま『Super Lover』に続いたら体がどうにかなっていました。
 最初のAメロでライトを控えめにしていて、大関さんの顔に陰りが見えたのが良かったです。細々とした演出は一度では気付かないことが多いので、これは是非ともBDで見て、もっと色々な所に気付きたいですね~。勿論これまでの公演も、この先の公演もBDで見たいですね~~~。
31. Super Lover 渡部優衣
『アフタースクールパーリータイム』が来た時点でこの曲の予想はしていました。当たった瞬間嬉しくて、けれど最後の曲を目に焼き付けようと画面を凝視しました。
 恐らくですが、2ndの時よりもラスサビ前のダンスが違った、というか格好良かったです。締めの舞台に相応しいナンバーでした。
32. ココロがかえる場所 渡部優衣/藤井ゆきよ
 ライブというものが基本LV参加なので、場所が大事というよりは時間、瞬間が大事だと思っています。それ故、『ココロが帰る場所』の場所というのが何処にあるのか、大阪公演が終わっても分からずに居ます。まぁ個人的な話です。
 演者さんにとっては、自らの足で立った舞台、歌を披露するステージというのは『ココロが帰る場所』になるのでしょう。
MC6
 MCを聞く度、何時か藤井ゆきよさんが言っていた「最高は塗り替えるもの」という言葉を思い出します。どのステージも最高であり、そして過去を塗り替えてくれるものでした。
33. Welcome!! THE IDOLM@STER MILLIONSTARS
34. Thank You! THE IDOLM@STER MILLIONSTARS
 ただただ、思いを伝えるべくコールをし、サイリウムを振っていました。会場からは見えない・聞こえないものだとしても、どうしても(良識の範疇で)最大限の声を出したかったのです。場所は共有出来ないとしても、そうすることが、あの時演者の方々へとコチラが出来ることだと思ったのです。
 精一杯のありがとうが、届くことを願って。

 

 初日の感想は以上になりますー。二日目の感想の方に総論は書きます。ともあれ楽しい一日目でした。『恋心マスカレード』に酔いしれすぎて、打ち上げでも宿泊先でも声を大にして『良かった!!!!!!!!!!!』と言っていた人がおおくりしました。こちらからは以上です。二日目に続きます。

sytlo.hatenablog.com