読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年八月月報

「決めろ。「しかたがない」ことなど、なにひとつない。選べばいい。選びとればいい。だれもがそうしているんだ。ひとりの例外もなく、いつも、ただ自分ひとりで、決めている。分岐を選んでいる。他の可能性を切り捨てる。泣きべそをかきながらな」
――飛浩隆『グラン・ヴァカンス 廃園の天使Ⅰ』

 決めること、別の道を選べない辛さに気づいたのは何時だったか。どうもサイトロです。
 もう少しだけ話をすると、こんな二次創作をやっている人間は、時折「もしもこの時間を別のことに使えたら」と思ってしまいます。というか、集中していない時は殊にそういうことばかり思っています。そんな、隣の芝生ばかり見てしまう悪癖を治したいと思って何年経ったか。
 ともあれ小説、脇目を振りながらも五年目です。処女作を書いたのは夏の日のことでした。似非ミステリを書いていました。それが終わり、ふと、アニメ『アイドルマスター』を見ていたことが始まりでした。あの頃の自分にこう言ってあげたいものです。「学生の内に三冊は同人誌を刷れ」と。
 前置きが長くなりましたが、八月の月報です。Twitterをご覧になると一目瞭然ですが、今月きつかったです! そして来月、再来月もきついです! 地獄、修羅場! ともあれ月報。

 

1. Re:startline高坂海美の誕生日を記念して)

2. おめでとうが言いたくて(矢吹可奈の誕生日を記念して)

3. これが恋なら(篠宮可憐の誕生日を記念して)

4. あなたと踊りたい(菊地真の誕生日を記念して)

 

1. Re:startline

www.pixiv.net【あらすじ】
 これは、俺がもう一度走り出す物語。
 静かな夜に出会った、彼女との物語。
 もう二度と、走りたくなかったのに。
 俺は、スタートラインに立っていた。
「……ようい」
 彼女は言う。
「どんっ!」
 彼女は、始まりを叫ぶ。
【登場人物】
『俺』
 高坂海美
【作者端書】
 高坂海美の誕生日を記念して、彼女に出会った少年との物語を執筆しました。僕にとって彼女は、誰かを元気づけることが出来る子です。それは、アイドルという手段を持っていても、持っていなくても、きっと変わりません。誕生日、おめでとう。これからも高坂海美の笑顔が、誰かの背中を押すと信じています。
 以下メイキング。
 別件で『響・海美・環』のユニット話を書く予定があり(近々脱稿)、そういえば海美はちゃんと書いたことがなかったので、「さてどうしようかなっ」と思った直後にこのストーリーラインが出てきました。書き留めた後、自分の才能に震えました。

2. おめでとうが言いたくて

www.pixiv.net【あらすじ】
 明日は、矢吹可奈の誕生日。
 伝えたい言葉は、口の中に隠れている。
 明日は会えないから。でも、一日早いから。
 北沢志保はスマートフォンを見つめている。
【登場人物】
 北沢志保
 横山奈緒
 矢吹可奈
【作者端書】
 矢吹可奈の誕生日を記念して、おめでとうが言いたい北沢志保の物語を書きました。いつか、可奈が志保を祝ったように、今回は志保に可奈を祝ってほしかったのです。副題は『ささやかなしあわせ。』です。
 電話という会話劇を書いたら思いの外地の文が少なくてSS掲示板でも良かったと思ったりしました。
 対になる過去作、矢吹可奈が北沢志保の誕生日をお祝いする話はこちら。

www.pixiv.net

3. これが恋なら

www.pixiv.net【あらすじ】
 次の公演は、八月二十七日。篠宮可憐の誕生日。
 その内容を決める会議で、可憐はこう言った。
「プ、プロデューサーさんは……関わらないで、ください」
 その言葉の意味が分からないまま、幕は上がる。
【登場人物】
 篠宮可憐
 プロデューサー
 秋月律子
 福田のり子
 所恵美
 その他当日の公演に関わったメンバ
【作者端書】
 篠宮可憐の誕生日に、劇場で開催された誕生日公演にまつわる短編を書きました。可憐が歌うバラッド、何時か聴いてみたいものです。おめでとうございます。貴女の勇気は確かに、誰かの支えになっています。
『これが恋なら』の作詞をしようと思ったのが、本短編のきっかけでした。歌詞に合うメロディを想定して、そこから繋がりを付けていって、最後は語感を優先しまいた。小説を書くこととはまた違った作業でしたが、楽しかったです。
 記事の終わりに歌詞全てを載せておきます。

4. あなたと踊りたい

www.pixiv.net

【あらすじ】
 菊地真篠宮可憐
 二人が踊るは、王子と姫の物語。
 夜に出会った二人の距離は遠い。
 曲目は、『あなたと踊りたい』。
【登場人物】
 プロデューサー
 菊地真
 篠宮可憐
【作者端書】
 菊地真の誕生日を記念して、二人が物語を踊る物語を書きました。菊地真を主役に据えて書くのは、アイマス小説を始めてから四年目で初のことでした。あと、〆切が二日を切っている中で8000文字の短編を出力したのも初めてでした。いやはや。
 ひたすらに格好良くて、それでいて可愛らしさを併せ持つ貴女のこれからが、ますます輝きに満ちていますように。

 

 さて上記のように、11月には新しい同人誌が出ます。これまで投稿してきた誕生日小説を、pixivの評点が多いものや個人的に気に入っているもの、書籍として残しておきたいものをセレクションしました。ぼちぼち校正作業に入ります。乞うご期待。
 誕生日小説、残すは後一ヶ月となりました。最後まで、この道だけは走り抜きたいと思う所存です。それでは、こちらからは以上です

 

補足:『これが恋なら』歌詞

 最初は、目も見れなかった
 話す言葉も小さくて、弱くて
 それでも、アナタは笑って
 隣に立ってくれた
 
 ゆっくりと、でも確かに一歩
 私、歩いてきました
 横顔をそっと見る度に
 胸の奥、痛くて
 
 これが恋なら
 言葉にできたら
 まだ、口はふるえて
 困らせてしまう
 だけどいつか
 いつか、伝えたい
 今はまだ、痛みの中
 言葉探してる
 
 春の香りがする頃は
 もっと、もっとそばにいたい
 手を伸ばして、笑っていたい
 だから、前を向くよ
 
 これが恋なら
 ちゃんと伝えよう
 今、私はアナタの
 目を見つめて、そして
 
「すきです」
 届いてほしいな
 今はもう、目を閉じて
 返事待っている