読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七尾百合子小説アンソロジー『百合の名前』推薦文

同人誌感想

私、百年後まで色褪せない、時代を越えた新鮮な感動を、人に与えられるようなアイドルになれたら素敵だなーって思いついちゃって、それで、もうどうにも止まらなくって!

――アイドルマスターミリオンライブ! 七尾百合子

 そんな彼女をプロデュースしたくて、応援したくて、何度も筆を取りました。これからも、描くでしょう。どうもサイトロです。

 本日はとある同人誌を紹介したいと思います。

 タイトルは、『百合の名前』。七尾百合子というアイドルについての六つの物語が収録された小説アンソロジーです。私、サイトロも参加しておりますこのアンソロジー、なんと通販で購入することが出来るのです。そこで、少しでも皆様にこのアンソロジーをお手に取ってもらいたく、こうして推薦文を掲載する次第です。

 以下にリンクを貼った『百合の名前』サンプルを見てから推薦文を読み進めても、又その逆でも問題ないかと思います。

 それでは、参りましょう!

www.pixiv.net

 

 

 先ずは、こんな方にこそ『百合の名前』は読んでもらいたい! というポイントをまとめました。

  1. 七尾百合子のプロデューサー、そしてファンの方(=七尾百合子が好きな方)
  2. 七尾百合子の濃厚な小説を(挿絵付きで)読みたい方
  3. ミリオンライブ! のSSが読みたい方

 それぞれ、見ていきましょう。

 1. 七尾百合子のプロデューサー、そしてファンの方(=七尾百合子が好きな方)

 『百合の名前』ではアイドル・七尾百合子が時にはステージに立ち、時にはハロウィンでお菓子を配り、また時にはオフの日に小旅行をしています。又、まるで彼女が何時もしている妄想の世界が具現化したような、奇想天外な世界での物語も収録されています。百合子が少しでも好きという方ならば、満足できる物語が揃っています。
 明るい百合子、寂しげな百合子、不思議な百合子、エトセトラエトセトラ。物語の中でその巡り巡る姿を、是非楽しんで下さい。

2. 七尾百合子の小説を挿絵付きで読みたい方

 『百合の名前』、なんと全ての作品に挿絵が付いているんです。
 挿絵は文字によって描かれる風景を、より強固にすることが出来ます。重要な場面が色濃く記憶に残り、物語の理解を助けてくれます。
 堅苦しく言いましたが、要は可愛い七尾百合子の姿が絵としても見れる、ということです。小説と絵、一度で二度美味しいのです。

3. ミリオンライブ! の小説が読みたい方

 ミリオンライブ! の小説はpixivやSS掲示板、そして同人誌で読むことが出来ます。『百合の名前』は七尾百合子の小説アンソロジーですが、ミリオンライブ! というコンテンツが好きで、小説に興味がある方なら問題なく読める内容になっています。彼女のイメージが読書好きである位しか無い方でも大丈夫です。読んだらきっと、好きになります。
 
 続いて、各作品を見ていきましょう。紹介の順番は収録の順番と同一です。尚、以下の作品やあらすじは全て、先程リンクを掲載した、主催である吉﨑堅牢様がpixivに投稿した『百合の名前』サンプルから引用しています。

 

「七尾百合子への供物」
文/いせんにて 絵/わもと
――私と一緒に五色不動巡りしませんか!?
 七尾百合子に捧げる短編集、巻頭にはその名も「供物」の一編。三大奇書のひとつに着想を得て、プロデューサーさんと巡る秋のデートを描く。

 トップバッターは七尾百合子との小旅行。奇書、という言葉に身構える必要はありません。とにかく百合子が巡る場所場所で心ときめかせながら動きまわる様が可愛らしいのです。奇書についても本編中で触れているので、事前の予習は不要ですよ。

 

「春風よ、今はまだ」
文/サイトロ 絵/ツダタカシ
――揺るがない幸せが、ただ欲しいのです
 七尾百合子とくるりの名曲「春風」の異色の取り合わせ。歌姫・如月千早とのレッスンやソロステージを色彩豊かに描く。春風は彼女に吹いたか。

 拙作になります。
 「春風」という実在する楽曲を軸にはしていますが、歌詞を掲載している(※1)ので、知らなくても大丈夫な作りをしています。百合子が曲をどう読み解くのか、そしてどんなステージを披露するのか。結末を是非、確かめて欲しいです。
 くるり公式チャンネルによる、「春風」の視聴動画を掲載します。素敵な曲ですので、こちらもオススメです。

www.youtube.com


(※1)『百合の名前』出版に当たり、JASRACに使用許可を申請してあります。

 

「Cairn of Halloween
文/トリケラ太郎 絵/モエカ
――今宵はハロウィン 幾多の魔女と逢える夜
 お祭会場から消えた憧れのあずささんを探す百合子は幼い少女と出逢う。大人と子供の間で揺れる15歳の不思議な体験。

 ハロウィンにて仕事をする風景、そして不思議な体験を七尾百合子と共に追体験出来ます。この不思議な体験は胸躍る期待の中に、僅かな怖さが潜んでいます……少し肌寒いこの時期に、ぴったりな物語です。

「武蔵小杉二〇二〇、あるいは八月のピンク・メシア」
文/マラルメ牛乳 絵/おけや
――「ねえ百合子」と私は言った。「あなた今、どこにいるの?」
 思い出も遠き鮮烈な夏の日、高山紗代子は受話器を取った。二つの世界、その不条理な再会。

 この物語を読む時だけは、ミリオンライブ! というゲームの枠を忘れて下さい。登場する高山紗代子と七尾百合子は、私たちがよく知っている彼女たちである(かもしれない)し、知らない彼女たちである(かもしれない)のです。捲る度に物語が違う様相を見せ、時に不可思議な世界の事情が垣間見えます。そこに意味があるのか、果たして物語の真相とは何なのか。
 読んだ後も尚続く、鮮烈な目眩を体感したい方に、是非とも薦めたい物語です。

「透過光」
文/百目身空 絵/とg
――百合子ちゃん、ここには姫がいるのです。
 姫がとある役を射止めた。姫と騎士の逃避行。その役は卑劣な騎士。「なぜあんな役なんだろう」晦冥の稽古場に乱反射する言葉が少女達の瑞々しい感情を照らす。

 とある劇の練習をする七尾百合子と徳川まつり。百合子がまつりへの思いを巡らせる、淡くて切ない物語になります。先程リンクを掲載したサンプルにて確かめてほしいのですが、本文中に劇の台本と、書き込みが記されているのです。同人誌だからこそ出来る表現を、お手元で体感して下さい。

「失われた図書を求めて」
文/吉﨑堅牢 絵/成海七海
――その本の名前を知りたい。
 七尾百合子と高山紗代子は「とある本」を巡るミステリーに巻き込まれる。読書の秋、本好きアイドルの矜恃を賭けたナゾ解きがいま始まる。

 アイドル二人が巻き込まれるミステリーとは、日常を打ち破る華やかさや、命を脅かされる恐怖を含んだものではありません。けれど、二人が真相を目指す様子がとても微笑ましく、解き明かされた真相も相まって、終始幸せな時間を過ごせます。
 アンソロジーの主催である吉﨑堅牢様は、pixivにて多数のミリオンライブ!の小説を投稿し、更には同人誌も出版しています。ファンとしてその作品たちを読んできましたが、この「失われた図書を求めて」は、まだ吉﨑堅牢様を知らない方にこそ、読んでもらいたい物語です。ミステリーという様相に興味を唆られる方や、七尾百合子の小説に興味がある方は、間違いなくこの作品で心射抜かれます。僕は、改めて射抜かれました。

 

 『百合の名前』、如何でしょうか。七尾百合子の魅力が詰まった一冊です。いち寄稿者として、そしていち読者として、この本を一人でも多くの方に読んでもらいたく思います。

 こちらが通販ページになります。

 yobitz.booth.pm

 

 七尾百合子を好きな方、そしてこれから好きになる方に、この本が届くことを切に願います。

 こちらからは以上です。