読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たのしいISF02参加情報!【スペースはC09】

 ゆめはまぼろしだというけれど
 でもわかる あなたこそ
 あいしてくれる あのゆめとおなじひと
――映画『sleeping Beauty』(眠りの森の美女)

 愛は大事。どうもサイトロです。

 さてISF02が開催されます。情報は下記公式サイトはこちら。

IDOL STAR FESTIV@L アイドルマスター 765プロダクションAS+ミリオンライブ!オンリーイベント同人誌即売会 アイドルスターフェスティバル

開催日時:2016年11月03日(木・祝日)12:00~15:30(即売会)

開催場所:横浜産貿ホールマリネリア

 サイトロも現地参加します。本ページには新作同人誌やアンソロジー情報を記載します。タイトルにもあります通り、スペースは『C09』、烏山捨巳様(@cioaran )のサークル『書肆烏山』にお邪魔することとなりました。
 早速ラインナップ。

 

1. 新刊:小説短編集『星が生まれた日』

2. 寄稿:ミリオンライブ! 食事小説アンソロジー『LUNCH-TIME PERFORM@NCE』

3. 寄稿:大神環合同誌2『CuHuHu』

 

 

1. 新刊:小説短編集『星が生まれた日』

 

f:id:sytlo:20161023203519p:plain

【概要】

  アイドルマスターミリオンライブ! の小説短編集。トライスタービジョンの結成を描いた表題作をはじめとした、『サイトロ』の名義でpixiv上に投稿した、『ミリオンライブ! 誕生日小説シリーズ』を、文庫組版用に編集した作品をまとめたベスト版(表題作のみ書き下ろし)。表紙はすも(@a_sumoP_sska)様。

【見本】

 

www.pixiv.net

【頒布詳細】

 価格:500円
 判型:文庫版
 ページ数:全188p、十編のタイトルは以下に。

1. 星が生まれた日
『……私、二人のとなりにいて、いいのかな』
 琴葉は悩む。三人であることの意味に悩む。星は、近くにあるのに。
2. 琴葉の指輪
『指輪を返してくれないか』
 田中琴葉へと贈った指輪の行方。プロデューサーの思いとは。
3, ココロに居るから
『ワタシが、プロデューサーをステージに送るヨ!』
 仕事へと赴くプロデューサー。それを見送る島原エレナは、どこにいる?
4. そばにいたい
『アタシは、琴葉のそばにいてもいいかな。』
 所恵美は、田中琴葉との距離に悩む。
5. 夜空にリンゴ
『約束、果たしに来たよ』
 プロデューサーが、北上麗花と交わした約束。夜空にリンゴは浮かぶのか。
6. 羽ばたいて、飛び立って
『見ててくれますか?』
 夜、ジュリアは音に出会う。音の先で、翼が飛び立つ。
7. それでも、横山奈緒は歌を叫ぶ
『私かて、本気で歌をやってみたいんです』
 横山奈緒は歌に挑む。歌い、そして叫ぶ。
8. 幻のアマミハルカ
『あの、リボン落としましたよ』
 廊下で出会った少女は今、舞台の上で輝いている。
9. みずきわ
『ぷは』
 コップに白い際。真壁瑞希の、思いの際について。
10. パーティ、あるいはCarnaval、もしくは指輪を君に
『琴葉、誕生日おめでとう』
 パーティか、カーニバルか。争いの中、プロデューサーは指輪を密やかに持つ。

【作者端書】
 誕生日小説のベスト盤ならぬベスト版。一年間の活動の集大成が一冊の本になりました。どの作品も、作者が自信を持って推せるお話です。初めてのかたは是非に、そして一度読まれた方も文庫の形で改めて、読んで頂ければと思います。次項で紹介する食事小説アンソロジーと合わせて1,000円、ちょうど1,000円で購入出来ますので、当日はお札を一枚持ってお越し下さいませ。

 

2. 寄稿:ミリオンライブ! 食事小説アンソロジー『LUNCH-TIME PERFORM@NCE』

【主催告知】

http://cioaran.tumblr.com/post/151422576026/ミリオンライブ食事小説アンソロジー

cioaran.tumblr.com

【概要】
 烏山捨巳様(@cioaran )主催による、食事小説アンソロジー。
 ミリオンライブ! のアイドルたちが食すはサンドイッチにパンケーキに刺身定食におにぎりにうどん。食べる順番はご随意に。さぁのれんを潜って始めましょう。五名の作家による、美味しい宴を……!

【拙作について】
 タイトルは『さようならを飲み込んで』。
 最上静香が通いつめるうどん屋。毎日閑古鳥が鳴くような老舗を、静香は愛していた。しかし、終わりは唐突に訪れる。何か出来ないか、そう願う静香に、プロデューサーは冷たく言い放つ。
「それは、ただのわがままだ」
 最上静香は、さようならを飲み込めるのか。
 彼女が全身で味わう美味しいうどんと、さようならということ。二つに焦点を当てて執筆しました。彼女が都会でアイドルとして生きているならば、一店くらいこんな、通いつめるような場所があるのかな、と思いつつ。
 私事ですが、見知ったメンバでのアンソロジーということで、いち参加者、そして読者として、とても楽しみな一冊です。

 

3. 寄稿:大神環合同誌2『CuHuHu』

【主催告知】

 

【概要】

 あいえぬじぃ様(@potechi801)主催による、大神環の合同誌第二弾。
 環がこれまで過ごしてきたイベントをふり返っていく『ネクストプロローグ』、そして自由に環を描く『フリー原稿』の二大コンセプトで、20名以上のおやぶんが参加。イラストに漫画、小説と様々な形で描かれる、大神環の元気な姿をご覧あれ。

【拙作について】

 タイトルは『あこがれは、今』。
 ある日、事務所に高校のパンフレット撮影の仕事が舞い込んだ。プロデューサーは高校生である我那覇響高坂海美の二人に仕事を頼もうとするが、そこに偶然環が居合わせて……。
「たまきも制服、着てみたいぞっ!」
 果たして、環のあこがれは叶うのか。
 いわゆる、ひびうみたま(この表記でいいかは怪しいが)の三人組で一本書きました。高校生になるということ、中学生よりも先を見上げること。いつか忘れたあこがれについて、考えたりしつつ。

 

 参加情報は以上になります。
 思えば一年前のISFは七尾百合子小説アンソロジー『百合の名前』に参加した、思い出深いイベントでもあります。一年経てば〆切は三倍になり、社会人になりと、色々と変化するものです。 
 当日は大抵『C09』にいると思うので、名刺交換等出来ればと思います。田舎者ですがどうか優しくしてください。
 最後に、当日の地図に赤印を付けたので参考までに。
 それでは、こちらからは以上です
 

f:id:sytlo:20161017224602p:plain